読書感想

「愛犬リッキーと親バカな飼い主の物語」(藤堂志津子)

題名:愛犬リッキーと親バカな飼い主の物語
著者:藤堂志津子
発行所:(株)講談社
タイプ:講談社文庫 と 27

小説家藤堂志津子による小型犬(ヨークシャー・テリア)の飼育日記。

1994年初冬の札幌、若き日に離婚して以来「二度と結婚はしない!」と公言し続ける40代の女性小説家藤堂志津子は、2年間近くの意気消沈と鬱々とした気分から抜け出せないでいた。原因はわからない。家の壁をポスターや絵画で覆ってみた。生まれて初めてのショートカットに挑戦した。髪の毛を茶と金のメッシュに染めてみた。服を徹底的に買い換えた。海外旅行に行ってみた。大酒をくらった。なにをやっても気分は晴れなかった。そんな彼女はふとしたことから小型犬を飼ってみようと思い立ち、衝動的に実行に移したのだが。

多くの場所に、子育て経験のない著者のコンプレックスが描かれていて痛々しい感じさえします。けれど、そんな印象を読者が受けているということには躊躇せず、遠慮なく思いの丈を噴出させている文章には力づけられるものさえあるように思います。筆者はハムスターより大きい動物を飼った経験がないので正確には気持ちがわからないのですが、マンションの自室に犬と二人、とにかく良く話しかけています。

「あすなろ物語」(井上靖)

題名:あすなろ物語
著者:井上靖
発行所:(株)新潮社
タイプ:新潮文庫 い 7 5

自らの目標に向かって歩み続ける人々の物語。

昭和初期、主人公の鮎太は幼少期を祖母と土蔵で暮らし、祖母の姪や町の青年に励まされて中学へ進学する。さまざまな人々との出会いと別れを繰り返しながら、彼は大学を経て新聞記者になる。兵役の後に終戦を迎え、戦後大阪の焼け野原の中、新しい生活をスタートさせる。

この物語は、話の設定が「しろばんば」など著者の自伝小説によく似ています。けれど、主人公を取り巻く人々がとても豊かな色彩で表現されているので、「しろばんば」よりも読みやすい作品です。主人公の性格もしっかりと描かれていますが、主人公の前に現われる人々がとても個性的で皆前向きなので、むしろこれらの人達の上に作品のテーマがあるように感じます。彼らは皆、なにか目指すものを持っていて、その目標に向かってそれぞれ生きています。その姿勢を著者は、明日は檜(ひのき)になろうと願い続ける翌檜(あすなろ)の木に喩えて表現しています。遙か遠くの目標を自ら見つけ、それに向かって歩み続ける人々の姿がよく印象に残る作品です。

「変身」(カフカ)

フランツ・カフカ著
高橋義考訳

ある朝、グレーゴル・ザムザが目を覚ますと、自分が巨大な蜘蛛になっている。
「これはいったいどうしたことだ」
そう考えるグレーゴルだが、この恐ろしい事実は程なく家族に知られてしまう。彼は家族の飼育のもとに日々を送ることになるのだが、、、

何の説明もなく、ただ唐突にグレーゴルは巨大な蜘蛛となって生活することを強いられます。初めは驚く彼ですが、徐々にそのことを受け入れていきます。旅先で珍事に巻き込まれた旅人のように、自分の身の上についてあれこれと思案します。恐れ驚愕する周囲の感情と、どこかのんきにマイペースな彼の思考との間にあるズレが時として悲しく感じられる作品です。
自分が存在することに意味のないことを嘆いた物語はいくつもありますが、これほどに自分を疎まれた存在として扱うものは少ないと思います。家族にとって彼の存在は、ただただ、おぞましくて不愉快なものですが、彼は人としての感性を持って事態を受け止め、なるべく家族に迷惑がかからないように精一杯配慮しながら、自室で飼育される日々を送ります。物語の設定からは暗たんとした雰囲気が漂う作品ですが、両親や妹に気を使うグレーゴルの人柄がどこか明るく素直なので、全体として暗い印象が押さえられた作品になっています。この点に、この作品の素晴らしさがあるように感じました。

村上春樹が気に入っていたカフカの作品ということで手に取った小説です。非現実的な事柄をごく自然に扱っている点など、たしかに漂う雰囲気に共通したものを感じました。

「青い鳥」(メーテルリンク)

著者:メーテルリンク
訳者:鈴木豊

クリスマス・イブの夜、幼いチルチルとミチルは自分たちの貧しい家の窓から、隣家の明るいパーティーを眺めている。そこに仙女があらわれ、「ここに青い鳥はいるかね?」と彼らに尋ねる。娘の病気を治すためには青い鳥が必要なのだと彼女は言う。仙女にもらった帽子の魔法で、命を吹き込まれた犬や猫、砂糖や光たちと一緒にチルチルとミチルは青い鳥を探す旅に出る。

ノーベル賞文学賞を受賞したメーテルリンクの有名な物語です。劇の台本のような構成になっていて、本の初めに衣裳などの説明があったり、章の始めに舞台設定の説明があったりするので、通常の小説作品とは少し毛色が違う作品です。主に登場人物たちの台詞を手がかりに物語りが進みます。
幸福の青い鳥を探す物語ですが、各エピソードを通じて「幸せって何?」という疑問の答えを探す形にもなっています。当然この難問の答えは一筋縄では出てきませんが、そこは上手にまとめられています。各人物の台詞や演出に大げさな印象を受けますが、素直に楽しめる作品です。

[mixiの日記より]

「そのときは彼によろしく」(市川拓司)

「そのときは彼によろしく」
(市川拓司著)

29歳の智史(さとし)は結婚紹介システムで知り合った女性を相手に中学時代の思い出を語りはじめる。親友だった佑司(ゆうじ)、好きだった花梨(かりん)と共に過ごした人生で最も輝いていた頃の思い出を。
そんな彼が自分の経営する水性植物のお店「トラッシュ」へ帰り着くと、一人の女性が彼を待っている。アルバイト募集のチラシを見たと言う彼女は森川鈴音と名乗る。

中学時代の思い出と、現在の生活との間にある接点に智史が気づいたとき、止まっていた物語が再び動き出す。

物語が進むに従ってファンタジー的な要素が強くなる作品です。

(2007年7月3日読了)

Top